Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://manmomanmo.blog42.fc2.com/tb.php/8-2fe12029

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

おねぇさん①

以前働いていたマッサージ店でのお話(・∀・)




デビューして程よく経って段々慣れてきたころ




週末はやはり結構なお客さんや出張が入る。







そのお店ではある程度の距離であれば店で受ける料金と同じ料金で




施術を受けられるのです。







ちょうどその日は週末で忙しい日でした。。。










自分は遅番でシフトが入っていたので昼の2時出勤の夜中3時まで。




ずっと働いてるわけじゃなくて、仕事が入れば働く感じだから




実質働いても5~6時間。







一日の稼ぎはだから歩合制なもんで、1万~1万2千円ってところですな。







その日は、夕方から忙しくなり自分も出張ばかりが入っていた。







夜中の12時が過ぎて1件の仕事が入り、終わったのは一時半過ぎたころ。







今日の仕事はもう終わりかなぁと思っていた矢先、




お店からの電話・・・













まさか・・・・・・













そのまさかですよ・・・







「マンモさん、出張1件お願いします~」







断る理由もなかったわけで




「はい・・・」




本当は疲れてたから他の人に回してほしかったのだけど・・・




追い討ちをかけるように







「2時からなので急いで戻ってきてくださいねぇ~」







「2時!!??」







今の出張先からバイクを飛ばして店に帰っても15分はかかる。







「ギリギリじゃないですか!!??」







「そうですね!早く戻ってきてください!」










急いで店に戻り、出張先の住所を調べる。







ってか予約の2時のもう5分前(°д°;)







まにあわねぇ・・・・







「遅れること電話しててもらえますか?」と受付に頼む。




そして、急いで出張先に向かう。










このときはまだこんなに想像(妄想)を膨らませる1時間になるとは思わなかった。。。










つづく






スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://manmomanmo.blog42.fc2.com/tb.php/8-2fe12029

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

manmomanmo

Author:manmomanmo
STEAMのゲームL4D2を主にやっています。
ブログリンク募集してます!

manmoのつぶやき

マンモのために訪れてくれた人々

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。